ニキビケア

色で分かる背中ニキビの状態

    

あなたの背中ニキビは、何色ですか?
ニキビの色で、現在の皮膚の状態がわかります。

まずは、色別に状態を見ていきましょう。

 

①白(コメド)
ニキビの前段階です。
「コメド」と呼ばれる、白い脂分が毛穴につまった状態です。

白い脂分「コメド」には、皮脂、角質、汚れなどが含まれています。

 

②白ニキビ
ニキビのでき始めは、白い色をしています。
毛穴につまった皮脂のかたまりが盛り上がり、ぷつぷつした状態です。

この段階では、まだ毛穴が閉じているため、白や黄色に見えています。

 

③黒ニキビ
毛穴につまった皮脂のかたまりの先端部分が空気に触れて酸化し、黒くなったものです。

顔ですと、鼻の周りによく見られます。

毛穴が開いてしまったために、汚れも取り込みやすくなり、悪化しやすい状態です。

 

④赤ニキビ
黒ニキビが悪化すると、赤いニキビなっていきます。
これは、アクネ菌が繁殖したことによって起こる炎症が原因です。

炎症を起こした皮膚は、赤く固まって盛り上がった状態になります。
炎症が皮膚表面だけでなく、真皮の組織にまで到達することがあります。
痛みを伴うことも多いため、早めの受診を。

 

⑤黄ニキビ
赤ニキビを放置すると、毛穴の中にうみがたまり、黄色くなります。
これは、アクネ菌などの最近に対抗するために増えた白血球の死がいです。

この状態でうみが排出されると、痛みや腫れだけでなく、皮膚が陥没し、クレーターになることも。

 

色別に簡単にニキビの状態を見分ける方法を見てきました。
自宅でのケアで改善できることもありますが、放置するとニキビ跡につながってしまうものもあります。

早めにクリニックを受診するなど、自分のニキビの状態を把握し、適切なケアを心がけましょう。