ニキビケア

背中ニキビを治す重要ポイント

    

背中ニキビを治すためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。
ここでは、背中ニキビを治すためのポイントを概要的に見ていきましょう。

 

一番大切なことは、「清潔を保つこと」です。
皮脂の分泌が多く、手が届きにくい背中は、汚れが残りやすいもの。

洗い方が偏っていないか、洗い残しはないかなど、普段から心がけて清潔を保つようにしてください。

 

洗う順番も大切です。
体を洗ってから髪の毛を洗うと、きれいになった体に再び汚れがついてしまいます。

始めに髪を洗ってから体を洗うことで、汚れが残ることが軽減されますので、”上から”を徹底しましょう。

 

また、汚れた手や衣服の汚れも刺激になってしまいますので、身につけるものも見直しを

毎日同じパジャマを着ていませんか?

寝ている間にかく汗の量は、500ミリリットル以上と言われています。
汚れていないように見えても、パジャマにはたくさんの汗がしみ込んでいるのです。

同じように枕カバーも見直してみましょう。
汚れた枕カバーはアクネ菌の温床になってしまいます。

せっかくきれいに洗っても、パジャマや枕カバーからアクネ菌が入り込んでは、元も子もありません。

 

また、できてしまった背中ニキビをついつい潰してしまう。
これもご法度です。

見えにくい場所だから放っておくならまだしも、気になっていじったり潰したり…。
顔と違って目立つ場所ではないため、安易に潰してしまう方も多いようです。

潰れたところから雑菌が入りこみ、炎症の元になってしまいますので、絶対にやめましょう。

 

自分の状態を把握することも大切なポイント。 背中ニキビの状態を鏡で毎日チェックしましょう。

わかりにくい背中だからこそ、自分で確認する習慣を。
状態を把握することが、改善への大きな第一歩です。