ニキビケア

背中ニキビは、すすぎをしっかり

    

背中ニキビの要因のひとつが、すすぎ残しです。
ただ単に、流すのが不十分だったというだけではありません。

 

自分で使っているボディソープの成分をよく確認したことがありますか?

本来体を洗うために必要な成分だけでなく、香りや色など見た目の華やかさに一役買っている成分も含まれていませんか?

香料や着色料がこの成分に相当します。
商品のイメージアップにはなりますが、体を清潔に保つためには必要のないものです。

 

むしろ、これらの成分はしっかりとすすぎ落とさなければ、残ってしまった皮脂や汚れと混じり合い、異臭の原因となってしまうこともあるのです。

また、保湿成分の含まれたボディソープによく見られる特徴が「ぬめり」です。
すすぎ残した「ぬめり」なのか、保湿成分による「ぬめり」なのかがわかりにくくなってしまいます。

背中ニキビの予防、またできてしまったニキビを悪化させないためにも、
ボディソープの成分を一度きちんと確認してみましょう。

 

防腐剤や香料、着色料など必要のない成分だと思われるものは、極力使用を避けた方が、ニキビのケアには効果的です。

固形せっけんには、機能的な成分が含まれることが少ないため、背中ニキビの予防とケアにはおすすめです。

背中ニキビには、機能性よりもシンプルなケア心がけましょう。

また、体を先に洗ってからシャンプーするのもすすぎ残しの原因になります。
気をつけてきれいに洗った体に、シャンプーや髪の汚れが付着してしまうためです。

 

脂分のない洗いたての肌は無防備ですから、汚れやシャンプーの成分が付着すると、洗っていない肌よりも敏感に反応してしまいます。

「体を洗う前に、シャンプーを」が鉄則。
そして、すすぎ残しのないように、最後にきちんとチェックしましょう。