ニキビケア

背中ニキビの症状と段階

    

背中ニキビと一口に言っても、その症状はさまざまです。
ですが症状から、あなたの背中ニキビがどの段階なのかを
知ることができます。

 

自分の背中ニキビの状態を知ることで、段階に沿ったケアを
行うことができ、効果的です。

ぜひ、確認してみてくださいね。

 

①毛穴のつまり
鼻の周りにできやすいもので、一般的にコメドと呼ばれています。
角質や皮脂、汚れによって毛穴がつまった状態です。

この段階では、まだニキビにはなっていません。

白い脂がつまっていますが、これを押し出すのはやめましょう。
悪化への第一歩になってしまいます。

 

②白や黒のニキビ
コメドを放置すると、つまってしまった毛穴には、排出されない皮脂がたまっていきます。
この時に、先端が白く見える白ニキビ、毛穴が開いてしまい、脂が酸化したものを黒ニキビと呼びます。

排出されずにたまる皮脂は、アクネ菌の大好物
アクネ菌が繁殖すると、炎症につながってしまいます。

 

③赤いニキビ
アクネ菌の繁殖によって、炎症が引き起こされた状態です。
赤く腫れてしまうこともあり、程度によっては痛みをともなうこともあります。

炎症の原因は、アクネ菌が毛穴の中で作りだす刺激性物質。

汚れた手などで触ると、ニキビ跡が残ってしまうこともあり、危険ですので、
清潔を心がけてください

 

④化膿してしまったニキビ
アクネ菌をはじめ、皮脂のつまりや汚れによって繁殖した細菌が毛穴の中で増殖していきます。
ここまで進行してしまうと、もはや皮膚だけの話ではおさまりません。

体は、最近の増殖に異常を感じ、細菌への対抗措置として白血球が増加します。
白血球の残骸が患部に残ったものが、”うみ”です。

この段階まで進行してしまうと、医師の診察のもと抗生物質などの薬を使用することが必要になってきます。