ニキビケア

背中ニキビの治療方法

    

背中ニキビケア化粧品

背中ニキビに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。
背中は症状の確認やケアがしづらい場所です。

自己ケアをサポートしてくれる優秀な化粧品もたくさん出ていますので、賢く使って、美しい背中を目指しましょう。

背中ニキビをケアしてくれる化粧品にも種類があり、症状や段階によって使い分けた方が、より効果的です。

 

ここでは、化粧品を種類別に見ていきましょう。
まず軽度の方におすすめしたいのが、ホホバオイルです。

オイルは毛穴のつまりを進行させてしまうのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、ホホバオイルには、殺菌作用があります。

乾燥を防いで殺菌してくれるため、ニキビを悪化させることもありません。
ニキビ予防にも効果的ですよ。

 

また、美白ジェルを日々のお手入れに取り入れるのも効果的です。
毎日の積み重ねで、白く透明感のある背中を手に入れましょう

炎症やニキビ跡などに悩まされている方には、背中ニキビの専用ジェルや、ナチュラルなピーリング効果のある美容液もおすすめ。

肌に負担をかけずに、色素沈着を防ぎ、炎症を穏やかに鎮めてくれますので、クリニックやエステティックサロンに通う時間が取れないという方は、ぜひお試しを。

 

また、使いやすさも毎日のお手入れを続けるためには、大切にしたいポイントですよね。
手が届きにくい背中用のケアアイテムとして、スプレータイプも便利です。

自分に合った化粧品を用途に合わせて使用することで、ケアタイムが楽しめるものになるといいですね。

 

毎日、ほんの少し時間と手間をかけることで、肌の状態は違ってきます。
背中ニキビがないという方も、化粧品による自己ケアは、悪化を防ぐだけでなく予防にもなりますので取り入れてみてくださいね。

 


ケミカルピーリング

なかなか完治しない背中ニキビ。
こまめな自己ケアや生活環境を整えることも大切ですが、クリニックに相談してみるのも有効です。

 

ニキビ治療の入り口にあたる方法として、ケミカルピーリングがよく知られています。
「名前だけは聞いたことがある」という方も多いのでは?

ピーリングに関する美容グッズは、ドラッグストアなどでもよく目にしますが、自己流のピーリングケアと、ケミカルピーリングとの違いはなんでしょうか?

一番の違いは、皮膚科の専門医による診断のもと施術が進められる点です。
用いられる薬品も、症状等によって異なってきます。

 

診察を経て最適の方法が専門家によって選ばれるため、安心して治療を受けられる、これが最大のメリットです。

ケミカルピーリングの治療法について具体的に見ていきましょう。

まず、患部の状態によって、ピーリング材を選定します。
サリチル酸やグリコール酸などの酸性薬品によって、治療を行います。

自己流ピーリングではケアが難しい閉じてしまった毛穴の中の古い角質や汚れまで、溶かし出していきます

 

強い殺菌効果でニキビの原因となる菌類をきれいに掃除し、さらに嬉しいことに皮脂の過剰な分泌を抑えてくれる効果もあるのです。

また、ケミカルピーリングは肌のターンオーバーを促進し、肌が生まれる変わるのを助けてくれます。
そのため、にきび跡の改善にも効果があります。

 

高濃度のハイドロキノンやビタミンCの誘導体ローションなどを併用することで、ニキビ跡の治療スピードを速めることも可能です。

皮膚科で診察を受けてからの治療がおすすめですが、最近ではエステティックサロンでケミカルピーリングのメニューが用意されていることもあります。

 

その際、エステティックサロンでは治療行為を行うことはできないため、ニキビ治療ではなく美容増進のための施術となりますので、ご注意を。

 


エステで背中ニキビを治す

美しい肌やボディのために、今やエステティックサロンに通うのは特別なことではなくなりました。
背中ニキビのケアにも、エステティックサロンを有効に活用して、プロの手できれいになりましょう。

 

まず気をつけたいことは、エステティックサロンは医療機関ではありません。
背中ニキビの治療を行うことはできませんので、あくまで美肌を手に入れるための施術となります。

患部の治療が目的ではないため、肌全般への配慮のもと施術が受けられるのは大きなメリット。

エステティックサロンではどのような施術が行われるのか、どんな方におすすめなのか、少しずつ見ていきましょう。

 

「治しても治しても、背中ニキビができてしまう」。「背中の毛穴のざらつきが気になる」。
「ニキビ跡や日焼け跡が消えにくい」。

このような症状がある方には、エステティックサロンがおすすめです。

繰り返す背中ニキビや毛穴のざらつきは、基本的な肌質の改善を。
ニキビ跡や日焼け跡など、自己ケアでは改善が難しいものはプロに任せてみましょう

エステティックサロンでは、段階別のピーリングで古い角質や汚れを取り除き、新しい肌に生まれ変わる手助けをしてくれます。

 

きれいになった肌に、肌質別に有効な成分をたっぷりと補給。
ビタミンCやプラセンタ、ハイドロキノンなど美白や乾燥防止といった目的別にお肌の栄養補給を行います。

炎症を起こしている方には、赤みを鎮静する成分を含んだパックで、お肌の回復を促します。
美しい肌を手に入れることは、ニキビケアにもつながります。

 

自己ケアと違い、手が届かなかったり見逃していた部分もきっちりカバー。

フォトフェイシャルやレーザーなどを取り入れた背中ニキビケアの専用コースが用意されているエステティックサロンもあります

プロの力で美肌を目指してみませんか。

 


レーザー治療

光治療とも呼ばれる「レーザー治療」をご存じですか?
脱毛などでよく知られている方法ですね。

背中ニキビにも、このレーザー治療が有効に働きます。
すでに化膿してしまったニキビやニキビ跡には、特にレーザー治療がおすすめです。

 

レーザー治療は、簡単に言うと「光を患部に当てること」。

最近では、クリームの塗布による麻酔や冷凍麻酔など痛みを軽減する方法も開発されています。
そのため痛みもあまりなく、治療時間が短いことが特長です。

 

1回の治療時間としては、10~15分程度。
1週間に1回のレーザー照射を6~8回行うことをワンクールにしているクリニックが多いようです。

具体的には、さまざまな波長のレーザー光線を照射することで、皮膚の凹凸をなくし、平らにしていきます

 

レーザー光線には、種類がありますが、何が違うのでしょうか。
いくつか症状別に見ていきましょう。

 

赤みのあるニキビには、ソフトレーザーと呼ばれるレーザー光線で、皮膚の新陳代謝を促すことで炎症を取り除く方法がとられます。

また、凹凸のあるニキビ跡の治療には、クールタッチレザーと呼ばれるレーザー光線を用いて、真皮内のコラーゲン生成を活性化させ、肌の内部からの生まれ変わりを促進します。

レーザー治療は、ニキビの治療だけでなく、原因となるアクネ菌をはじめとする菌類の除菌にも大きな効果があります

 

光線を当てることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、医療用レーザーは人工光線で、人体に対する副作用はほとんど報告されていません。

ただし、どうしてもお肌に合わないという方も中にはいらっしゃいますので、受診時やカウンセリングの際に、納得がいくまで説明を受けることが大切です。

 


フォトフェイシャル

背中ニキビの治療方法として、最近注目を集めているのが「フォトフェイシャル」です。
フォトフェイシャルとは、特殊な光を患部に当てて治療していくもの。

 

どのような方法かをご説明する前に、「日光浴が背中ニキビに効く」と言われていることをご存じですか?

日光や紫外線は刺激になって、背中ニキビを悪化させるイメージがありますが、紫外線には、ニキビの原因となるアクネ菌を抑える働きがあります。

この働きを取り入れたのが、フォトフェイシャルです。
紫外線の効果と近い働きを持つ特殊な光を直接背中ニキビに照射し、アクネ菌の働きを抑えます。

 

このためフォトフェイシャルは、炎症を起こしてしまった背中ニキビに特に効果を発揮します。
同じように光線を当てるレーザー治療との違いはなんでしょうか?

フォトフェイシャルで使われる光は、レーザーよりも弱く、広い範囲への照射となります。
このため、レーザー治療よりも肌への負担が少なくて済むことが大きなメリット

 

レーザー治療が症状に合わせた光線で高い効果を得られる方法であるのに対し、フォトフェイシャルは繰り返して治療することが前提とされています。

治療の回数を重ねるごとに効果が実感できるもの、という見方もできるでしょう。
肌が弱い方やレーザー治療に抵抗がある方におすすめの方法です。

 

フォトフェイシャルではアクネ菌だけにダメージを与える光が使用されます。

周囲の皮膚組織には影響を与えずアクネ菌にのみ作用するため、一度施術すると効果が持続している間は、ニキビができにくくなるというメリットもあります。

 

広い範囲に背中ニキビができる方、背中ニキビを繰り返す方には、フォトフェイシャルでじっくり治療することをおすすめします。

 


ビタミンC誘導体

美肌をつくる要素の一つとして有名な「ビタミンC」。
ここでは、背中ニキビに有効な「ビタミンC誘導体」について見ていきましょう。

 

ビタミンC誘導体とはその名のとおり、ビタミンCにリン酸を結合させたもの。
ビタミンCは、美白作用があることから色素沈着によるニキビ跡の解消にも有効です。

 

ビタミンCの分子構造は壊れやすく、皮膚が水溶性物質を弾いてしまうため、浸透率の悪さが欠点でした。

ビタミンCにリン酸を結合させることで、皮膚への浸透率を高めます。
スムーズに浸透させたうえで、体の中の酵素反応によって本来のビタミンCが働き始めます。

このように成分の結合で安定化することで、持続的に働きが期待できるのです。

安定化したままビタミンCを肌の奥まで届けることができるため、通常のビタミンCよりも即効性が高いのがメリットです。

 

ビタミンC自体の働きですが、美白だけでなく、皮脂の過剰分泌を抑えたり、背中ニキビを悪化させる要因のひとつである活性酵素を中和させるという効果もあります。

また、コラーゲンの生成を促す働きもあり、クレーター状になってしまったニキビ跡の改善にもおすすめの方法です。

ビタミンC誘導体には種類があり、一般的なものは「水溶性ビタミンC誘導体」と呼ばれています。
水溶性ですので浸透率は高いのですが、乾燥しやすいというデメリットも。

 

また、水溶性よりも浸透率は下がりますが「脂溶性ビタミンC誘導体」もあります。
肌に刺激を与えないため、乾燥による悪化も防ぐことができるものです。

これらの2つの誘導体から、メリット部分を掛け合わせたものが「進化型ビタミンC誘導体」と呼ばれるものです。

 

ニキビの予防としても優秀で、毛穴を引き締めキメを整える効果のあるビタミンC。
ビタミンC誘導体で、その素晴らしい効果を実感してみませんか?

 


背中ニキビに効くビタミン類

治しにくい背中ニキビ。
ビタミン補給を効率的に行って、体の中からも改善目指しましょう。

ニキビに効くビタミンにはどんな種類があるのでしょうか。
よく耳にするのは、美肌効果のあるビタミンCですね。

ビタミンCは美白や毛穴の引き締めに効果があります。
他には、どんなものが効果があるのかご存じですか?

 

背中ニキビに効果があるビタミンとしては、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミン6、ビタミンEなどが挙げられます。

皮膚が新しく生まれ変わるのを助けたり、陥没した皮膚を盛り上げる成分の生成を促したり、皮脂の過剰な分泌を抑えるなど、ビタミンは背中ニキビのケアに欠かせないものなのです。

次にこれらのビタミンが、どのような食品に多く含まれているかをご紹介していきます。

 

まずビタミンAは、うなぎやかぼちゃ、にんじんなど。
ビタミンB2はヨーグルトや卵、葉物の野菜、レバー、大豆など。ビタミンB6はカツオやマグロ、バナナ、プルーンが代表的です。

ビタミンEは、かぼちゃやモロヘイヤなど。
ビタミンEは、ホルモンの分泌を整えてくれる働きもありますので、積極的に取り入れたい成分のひとつです。

 

このようにビタミンが多く含まれる食品を見ていくと、野菜、たんぱく質、くだものなどを偏りなく、バランスよく摂取することが大切なことがわかりますね。

特にビタミンCは、喫煙などで失われやすい成分です。
ビタミンの摂取とあわせて、嗜好品の摂りすぎにも注意したいものです。

 

また、ビタミン類は毎日の献立で自然に摂取することが理想ですが、時間がなくて難しいという方もいらっしゃるでしょう。
こうした方は、サプリメントを活用してみるのもいいかもしれません。

手軽にビタミン類の補給が行えますので、自分に足りないビタミンを把握したうえで、補ってみてくださいね。