ニキビケア

背中ニキビとアクネ菌の関係

    

背中ニキビを悪化させる大きな原因として、アクネ菌が挙げられます。
アクネ菌とは、どんな細菌なのでしょうか?

アクネ菌は、人間の皮膚に存在する「常在菌」と呼ばれ、
私たちは誰でも持っている菌です。

 

ニキビとの関連で語られることが多いため、悪者に見られがちですが、
私たちの肌を弱酸性に保ってくれる善玉菌の1種です。

アクネ菌の増殖は、ある段階から爆発的に始まります。

コメドと呼ばれる毛穴のつまりが見られる状態、
白ニキビや黒ニキビの状態では、まだアクネ菌は活発に増殖していません。

アクネ菌は、脂肪分を食べ、空気に触れることを嫌う細菌です。

 

そのため、アクネ菌のえさとなる脂肪分がたまり続け、
毛穴がふさがって通気性が悪くなると、勢いを増して増殖を始めます。

脂がつまってふさがった毛穴は、アクネ菌にとって格好の居場所
居心地のいい毛穴の中で、どんどん増えていきます。

 

アクネ菌が増えてくると、どんなことが起きるのでしょうか。
まず、”酸化”が大きな変化として起きてきます。

酸化が進むと、皮膚は炎症を起こします。
これが、赤ニキビと呼ばれる状態です。

さらに炎症が進むと、うみができてしまい、最終的に皮膚の陥没など
ニキビ跡につながります。

 

では、アクネ菌が全くいないのが肌にとって最適なのかというと、
アクネ菌がまったくいない状態というのもニキビの原因となるのです。

アクネ菌がいないことで肌は弱酸性に保たれず、乾燥してきます。
乾燥による背中ニキビの原因になります。

 

少なくても多くても、ニキビの原因となるアクネ菌
肌の状態を見ながらコントロールし、ケアを続けることが大切です。

 

うまく付き合っていかなければならないアクネ菌と肌の関係では、
アクネ菌を増殖させないことが最大の秘訣と言えそうです。