ニキビケア

保湿で背中ニキビ対策

    

背中ニキビは、毛穴につまった脂分が原因です。
脂分を取り除くために、背中の皮脂線に刺激を与えないことや清潔に保つことが大切です。

 

入浴時のケアは背中ニキビの予防や悪化防止に大きく作用しますが、
入浴後、優しくタオルで拭いて終わりでは、肌を無防備なままさらすことになります。

肌を守り、皮脂の過剰な分泌を抑える基本的なケアが「保湿」です。

 

理想的な健康肌は、適度な水分量が保たれていることが条件として欠かせません。
肌の水分を守り、調節しているのが本来の皮脂の役割です。

 

肌が乾燥すると、どんな状態になるのでしょうか。

肌の水分量が少なくなってくると、水分を肌にとどめておこうとする働きが出てきます。
水分をとどめるために、皮脂で塞ぎ始めます。

この状態が皮脂の過剰な分泌です。

こうして、過剰に分泌された皮脂が毛穴をつまらせ、ニキビの原因となります。
皮脂が正常に働くためにも、保湿は欠かせないのです。

 

ニキビを予防する、悪化を防ぐ、その第一歩は「保湿」だと考えてください。

顔には毎日のようにつける化粧水も、背中に習慣的につける方は少ないかもしれません。
ですが、ほんの少し手間をかけるだけで、肌の状態は変わってきます。

 

入浴後、優しく水気を拭きとったら、化粧水をつけましょう。
こうして保湿を行うことで、昼間に浴びた紫外線の対策も行うことができます。

紫外線や汚れによって刺激を受けた肌は、乾燥しやすくなっています。
目の届きにくい部分だからこそ、まめなお手入れが必要です。

 

保湿ケアを習慣づけることで、肌が本来の力を取り戻してきます。
水分量の保たれた健康的な肌を作ることが、背中ニキビの予防の入り口です。

顔と同じように背中にも視線向け、まめな保湿を続けることで、他のケアの効果も高まってきます。