ニキビケア

ニキビ跡のお役立ち知識

    

 

ニキビ跡の赤みを治す方法

ニキビ跡の中でも、赤みが残ってしまったものの原因、それは毛穴のうっ血です
ニキビが炎症を起こしてしまったときには、毛穴の周囲ではうっ血が起きてしまい、それによって赤くなってしまうのです。

 

このうっ血が起こってしまうと、ニキビが治ってもその後長くニキビ跡として残ることが多く、
治療にもかなりの時間を必要とすることが多いため注意が必要になってきます。

 

みを帯びてしまったニキビ跡を改善する際のポイントは、ターンオーバーです

 

皮膚はいくつもの細胞が折り重なるようにして構成されており、
新しく出来る細胞によって古い細胞は上へと押し上げられていき、剥がれおちることで日々生まれ変わっていきます。

 

お肌が乾燥していたりすると、
古くなった角質がはがれずにいつまでもお肌に残ってしまうことがあり、このターンオーバーは崩れてしまいます。

 

通常ターンオーバーは約28日前後で1回行われると言われており、
赤いニキビ跡もこのターンオーバーを重ねるごとに、少しずつ薄くなっていきます。

 

しかしお肌が乾燥していたり、いつまでも古い角質がお肌に張り付いたままであると、
このターンオーバーが正常に行われなくなるために、ニキビ跡や赤みはいつまでも残ったままになってしまうのです。

 

それを避けるために必要なものとは、ターンオーバーを正常に保つために必要なものでもあります。
そしてターンオーバーを正常に保つために必要なものは水分です。

 

ただ表面に水分補給するだけではなく、角質層までしっかりと水分を浸透させることも必要ですが、
補給した水分を蒸発させないようにする工夫もまた必要になってきます。

 

何故なら化粧水をつけただけで放置しておけば、
せっかくつけた化粧水はお肌に浸透することはせず、すぐに蒸発してしまうのです。

 

そのため、赤みなどのニキビ跡を消すためには、特別なケアではなく、
あくまで毎日のケアの中でしっかりと保湿を行うことが重要になってきます


【スポンサードリンク】


 

男性のニキビ跡を治す方法

男性は女性に比べて皮脂分泌量が多いので、皮脂詰まりによるニキビが出来ることが多いようですね。
そのためニキビ跡も残りやすいようです。

 

アクネ菌は皮脂を栄養とするため、
1度ニキビが出来てしまうと、皮脂分泌量の多い男性はなかなか治りにくいようです。

 

女性が毎日メイクをするように、男性は毎日朝に髭を剃ったりするため、
髭剃りのときにニキビを傷つけてしまいニキビ跡になってしまうことがあります

 

またニキビが気になって触ってしまったことから黒ずんだニキビ跡になってしまったことはありませんか?
女性は洗顔の後に必ずお肌のケアを行います。

 

最近では男性用の基礎化粧品なども販売していますが、まだまだ普及しているとは言い難いのが現状です。
やはりニキビ跡のケアをするならば、男性といえども洗顔料などについては気を使う必要があるでしょう。

 

洗顔料は界面活性剤などを使用したものは避けた方が良いかもしれません。
それというもの、界面活性剤は洗浄力が強いために、すすぎ残しなどがあると毛穴が乾燥してしまうことがあるのです。

 

毛穴が乾燥してしまえば、
肌のターンオーバーが乱れてしまうためにニキビ跡が治るのに時間がかかってしまいます。

 

ニキビ跡を改善するためには、界面活性剤ではなくアミノ酸が配合された洗顔料を利用し、
洗顔料で優しくお肌を包み込むように洗うようにしてください。

 

この時、間違ってもお肌をこすってはいけません。

 

つまり男性のニキビ跡の改善方法は、過剰に分泌される皮脂をしっかりと落とし、皮脂詰まりなどを避けるため、
毛穴まで洗浄できるように泡で顔を洗うようにする
ということになります。

 

そして1度ニキビが出来てしまったときは、髭剃りの時に間違えて傷つけてしまわないようにすること、
気になるのはわかりますが、不必要に触らないようにすることなどを心がけるようにすると良いでしょう。


【スポンサードリンク】


 

クレーターを治す・消す方法

ニキビの炎症が酷くなってしまうと、
ニキビは治っても皮膚にクレーターのような凸凹がいつまでも残ってしまうことがあります。

 

以前はクレーターになってしまったニキビ跡の治療は難しいと考えられていましたが、
最近ではかなり目立たない状態にまで改善することが出来る
うになっているようです。

 

たとえばケミカルピーリングと呼ばれるもの。
フルーツ酸などを利用した化学的な方法で皮膚表面を削るという方法です。

 

これは古くなった角質などをはがして、
その下に隠れていた表皮細胞の角質化を促進させることで、お肌を再生させるというものです。

 

しかし1度行うと、皮膚がカサブタのような状態からの再生になることもあり、
しばらくは外出が難しいなどのリスクも存在します。

 

自宅で行うことが出来るキッドなども販売されているようですが、多少の痛みを伴うこともあるので、
出来れば美容外科などの専門家の手によって行われることが望ましいでしょう。

 

そして最近流行なのが、レーザーによる治療です。
ケミカルピーリングなどでも改善しなかった大きな凸凹のクレーターも改善できることから人気の方法でもあります。

 

ニキビ跡にレーザーを照射し、コラーゲン、エラスチンといった成分を多く分泌するようにし、
最終的に皮膚の凸凹を目立たないようにするというもの。

 

この方法は傷痕が残ることもなく、出血したりすることもないことから、比較的簡単に行うことが出来ます。

 

さらに最近では、冷凍麻酔を使用するなど、
痛みの少ない方法を取り入れているというクリニックも増えてきました。

 

医療用のレーザーといえば、
取り扱えるのはクリニックなどの医療機関に限られてしまいますが、副作用も少ないなどのメリットもあります。

 

そのため、どうしてもレーザーでクレーターを改善したいという場合には、
まずは信頼できるクリニックなどで相談してみるのが良いでしょう。


 

思春期のニキビ跡を治すには

ホルモンバランスの関係や、皮脂分泌が活発になることから、思春期にはニキビが出来やすいものです。

 

他にもこの時期になると、スキンケアを気にするようになり、
慣れないスキンケア用品や間違えたお肌ケアによってニキビが出来る、といったこともあります。

 

ニキビは触れたり傷つけたりしないように注意し、
正しいスキンケアを続けていればいずれ治るものですが、ニキビ跡はそうもいきません。

 

思春期のニキビ跡は消えないと考えている方もいますが、
ケア方法によっては薄くしたり、消したりすることは可能
なんです。

 

まずは美白用の化粧品を使うことから始めましょう。
それも化粧水だけではなく、できればラインで揃えて使用をすることをオススメします

 

化粧水だけを美白モノに変更するよりも、化粧水、乳液、クリームなど全てのケアに美白モノを使用することで、
相乗効果が生まれ単品使用よりも高い効果が得られる場合があります。

 

次にオススメなのは、イボやニキビに効果があるとされるはと麦茶を飲む習慣をつけるということ。

 

ニキビ跡の予防には、ニキビをこれ以上作らないようにすることも大切です。
体の外側からのケアだけでなく、内側からもケアするようにしましょう。

 

他にもビタミン類が豊富な食べ物を積極的に食べたり、
水をしっかり飲んで新陳代謝を活発にするといった方法もあるようです。

 

しかしニキビ跡を消すためには、1日や1週間といった短期間ではなく、長い時間をかけて取り組むことが必要です。

 

毎日地道にこれらのことを行った上で、どうしても今日だけはニキビ跡を目立たないようにしたい、
という時にはニキビケアも出来るファンデーションやコンシーラーを使うようにすると良いでしょう。


 

黒いニキビ跡を治す方法

黒いニキビ跡は色素沈着に分類されるものです。
ニキビとはお肌の炎症であるということはご存じだと思います。

 

このニキビが酷くなってしまったことで、お肌を守るために生まれたメラニン色素が、
ニキビが治った後もお肌に残ってしまっている、という状態になります。

 

ニキビ跡として残っている色素沈着は、そのほとんどがターンオーバーを正常にすることで改善できますが、
完全に消すためには時間がかかる
ことも確かです。

 

黒いニキビ跡を消すための時間は、おそらく最短でも数か月かかるのが平均でしょう。

 

この黒いニキビ跡の改善方法にはいくつかありますが、
自宅で手軽に出来るものといえば、美白用のスキンケアを使用することではないでしょうか。

 

勿論他にも、レーザー治療やケミカルピーリングといった方法もあります
レーザーは肌にレーザーを照射することで、メラニン色素を焼くという治療法です。

 

ケミカルピーリングは肌の古い角質を剥がすことで、
お肌のターンオーバーを促しメラニン色素を撃退します。

 

上記の2種類は多少の痛みなどがあったり、
医療機関でしか受けることが出来ないといったデメリットもまたあるので、いささか手軽とは言い難いのが現状ですね。

 

それらに比べると、最近では美白用のコスメ、スキンケアは種類も充実しているのでとても手軽です。

 

特に美白コスメは、ハイドロキノンやビタミンC誘導体入りのものなども手軽に手に入るようになり、
以前に比べると即効性の高いものも増えてきています

 

とはいえやはりこういったスキンケアでニキビ跡を薄くしたり、消すためには、毎日地道にケアを続けた上でも、
ある程度の時間が必要なことを覚えておいた方が良いのではないでしょうか。


 

背中ニキビ跡を治す方法

顔のお手入れは、毎日鏡を見ながら行うことが出来ますが、背中はそうはいきません。

 

背中は自分の目で直接見てお手入れすることが出来ないので、
実はニキビ跡や色素沈着を残しやすい部位であることはあまり知られてはいないようですね。

 

しかし背中にニキビ跡が残っていると、水着や背中の空いた服を着ると目立ってしまいます。

 

そのまま放っておけば、それだけ改善するまでに時間がかかってしまうので、
出来るだけ早くケアを行い改善するようにした方が良いでしょう。

 

背中ニキビ跡の改善方法として最近話題なのは、レーザー治療などです。

 

しかしレーザーは医療機関でしか施術を受けることが出来ず、
費用が高額になりがちであったり、痛みがあったりする
ので注意が必要です。

 

背中のニキビ跡をレーザーではなく自宅で、もっと手軽なケアで治したいと思うならば、
背中ニキビケア専用のアイテムを使用するのが1番
でしょう。

 

最近ではニキビケア専門のボディソープやボディローションなども多数発売されており
自分の肌質にあったタイプのものを選ぶことが出来ます。

 

中には顔のニキビ専用のアイテムを背中に使用して、
背中のニキビ跡を改善しようとする人がいますが、あまりオススメすることはできない方法ですね。

 

顔のニキビは皮脂過剰であったり、
乾燥であったりすることが原因のことが多いようですが背中ニキビの原因がそれと同じであるとは限りません。

 

それに顔の皮膚と背中の皮膚ではお肌の強さなどもまた違ってきます。

 

ニキビケアのポイントは、正しい方法でのケアをすることであり、
間違えた方法のケアを続けてしまえば、さらにニキビがひどくなってしまうこともあるのです。

 

そのため、やはり背中のニキビ跡を消したい、
改善したい場合には、背中専用のアイテムを使用することが良いでしょう。


 

ニキビ跡の色素沈着を消す

ニキビが出来てしまったあと、
いつまでもその部分が黒ずんでしまうなどの色素沈着を起こしてしまうことがあります。

 

ニキビ跡の色素沈着を改善する場合には、
ニキビやニキビ跡を現状よりも酷くしないようにするというのも重要になってきます。

 

その場合に心がけるのは、刺激を避けるということ。
特に私たちが忘れてしまいがちなのが紫外線ですが、ニキビ跡の色素沈着には紫外線などの刺激は禁物です。

 

こういったタイプの刺激以外にも、私たちの日常にはお肌に負担をかけるものが沢山あります。

 

たとえば洗顔時、お肌を擦って洗ってしまうことからくる摩擦や、
そこからくる乾燥などからもお肌を守らなければなりません。

 

何故ならお肌が乾燥すると皮膚のターンオーバーが崩れてしまうことによって、
色素細胞が慢性的に活性化し、いつまでもお肌に色素沈着が残ってしまうことになるのです。

 

そのため、色素沈着を改善するためにはお肌を乾燥や紫外線などから守るためのケアが有効ということになります。

 

適切な回数と正しい方法で行われる洗顔。

 

そのあとお肌の最深部までしっかりと水分を補給し、
それらを乾燥させないように乳液、クリームなどでケアすることを忘れないようにしましょう。

 

お肌が適度な水分を保持している状態になると、
お肌のターンオーバーや代謝が促進されるようになります。

 

そうすることで、ダメージを受けて色素沈着となった細胞が古くなった角質とともに剥がれ落ち、
少しずつ色素沈着が薄くなってくるのです。

 

ただし注意が必要なのは、
保湿ケアを行ったとしても、色素沈着が完全に改善するまでには時間が必要です。

 

途中であきらめることなく、
地道にケアを続けていくことが色素沈着を改善するのには必要不可欠であるといえるでしょう。


 

ニキビ跡を消す食べ物ある?

ニキビ跡を消すためには、外側からのケアにプラスして、食べ物など体の内側からのケアを行うと効果的です

 

ニキビ跡に効果を発揮すると言われている食材は、
ビタミンBを含んでいるものたちですが、中でもビタミンB2とB6などが含まれているものを選ぶと良いでしょう。

 

ではビタミンB2やB6はどのような食物に含まれているのでしょうか。

 

ビタミンB2を含む食物は、牛乳やレバー、ほうれん草、卵、
しいたけといったものに含まれており、皮膚の成長などを促してくれるという成分です。

 

そしてビタミンB6は豆類やいわし、鯖、マグロ、
鶏肉などに含まれており、皮膚の健康を守るという働きをしてくれます。

 

この他にも、緑黄色野菜やミカン、
レモンといった柑橘類に多く含まれているというビタミンCも美白効果がある
ことで知られています。

 

ビタミンC誘導体などを配合した化粧品やスキンケア用品も多数発売されていますね。

 

特にビタミンCに関しては、
肉中心の食事よりも魚中心の食事内容にした方が効率よく体内にビタミンを摂取できるという説もあるようです。

 

しかしこれらの食物を積極的に摂取したとしても、胃腸の調子が悪ければ意味がありません。

 

そのため油分の多い食事や、過度の香辛料なども避けるようにし、
偏食せずバランスの良い食事をとるようにすると、ニキビ跡の改善やニキビそのものの予防にもなります。

 

ニキビ跡の改善をするためには、食事内容などを見返してみるのはなかなか有効な手段の1つといえるでしょう。

 

何故ならニキビ跡の改善には、今出来てしまっているニキビ跡に対してケアするのは勿論のこと、
これ以上ニキビが出来ないようにし、ニキビ跡を増やさないようにするということも重要になってくるからです。


 

簡単にニキビ跡を消すには

ニキビ跡は消えないとは思ってはいませんか?

 

ニキビ跡を消すための方法は実は沢山ありますが、
多くの人はニキビ跡は消えない、と諦めてしまっていることが多いとか。

 

でもよく思い出してみて下さい。

 

今までいくつもニキビが出来て、ニキビ跡として残ったものがあるはずですが、
それが今も残っているものは何個あるでしょうか?

 

そう、ニキビ跡はすべてが残る訳ではなく、出来てしまってもよほど悪化させてしまわない限りは、
通常は時間さえかければ改善させることが出来る
のです。

 

しかし中には、もっと早く簡単にニキビ跡を消したい、と思われる方もいるかもしれません。
ニキビ跡を即効性ある方法で治すといえば、レーザー治療が代表的です。

 

しかしこのレーザー治療は医療機関でしか受けることができないため、
費用や通院の手間といったものを考えれば、とても簡単に、とは言えません

 

そのため大半の方が選ぶのが、自宅で、自分の手でお肌を丁寧にケアするという方法。

 

お肌のケアなら、女性ならばほぼすべての方が毎日行っていることでしょう。
しかしニキビのためのお肌ケアというとそうでもありません。

 

最近ではニキビケア用のアイテムの中でも、かなり即効性で効果の高いものも発売されてきています。
そのため、最近ではむしろニキビ跡の治療にレーザーを利用する、という方はあまり多くはないようです。

 

スキンケアをニキビ専用アイテムに完全に切り替えるだけでも、
ニキビ跡の消えるスピードは段違いに、そして簡単になります

 

そして自宅ならば、レーザー治療と比べるとやはり多少時間はかかるものの簡単で、手軽です。

 

これらのことを考慮すると、簡単にニキビ跡を消すためには、即効性があり、
高い効果のあるニキビ専用アイテムを利用して、丁寧に毎日のケアを行う、ということになりますね。