ニキビケア

ニキビ用美白化粧品

    

よか石けん(「美肌効果」と「ニキビ予防効果」)

甘草由来成分と火山灰シラスを含む泡で「美肌効果」と「ニキビ予防効果」を持つのがよか石けんです。
よか石けんの吸着性のある泡は、とても細かな火山灰シラスを含んでいます。

 

よか石けんの泡はお肌にしっかりと吸い付いてくれる泡なので、
毛穴の汚れや古い角質をしっかりと落として美白効果をもたらしてくれるのです。

 

そして甘草由来の有効成分である、
グリチルリチン酸ジカリウムを配合された医薬部外品であることも、よか石けんの特徴の1つです。
つかってみんしゃいよか石鹸

 

ニキビ、かみそり負けなどを予防し、お肌をすこやかな状態へと導いてくれるのです。

 

2002年に発売したよか石けんは、
販売個数1500万個を突破し、1分間に3個売れている洗顔石けんと言われています。

 

さらにオリコン顧客満足度ランキングの、2012年通販コスメ洗顔部門でも1位を獲得するなど、
確かな効果と使用感から多くの人に愛されている洗顔石けんです。

 

どんな人にお勧め?

 

  • 毛穴汚れ、毛穴の黒ずみやニキビを予防したい人
  • 毎日のケアの中で美白効果を得たい人
  • 洗顔によってお肌の透明感をアップしたい人

 

よか石けんの口コミ

 

肌の色が明るくなりました(29歳/女性)
泡が本当にもちもちで、毎朝洗顔が楽しくなりました。泡に弾力があって、お肌にも吸い付いてくれるので毛穴の中までさっぱりと洗える感じ。
しっかり洗顔できているので、お肌も前より明るくなりました、大満足です。
 

 

洗顔の大切さを実感(34歳/女性)
顔全体を覆っても余るくらいの泡立ちの良さに感動です。顔をマッサージするようにして洗うと、黒ずんでいた毛穴もキレイになってきました。
嬉しいのはポツポツと出来ていたニキビが出来なくなってきたこと。洗顔って本当に大切なんですね。

 

 

気持ちよく洗顔できます(33歳/女性)

ヘタらないクリーミーな泡で洗顔できるので洗顔が気持ち良いです。洗いあがりもつっぱることがないし、とても使用感が良く気に入っています。
ずっと使用を続けていたところ、最近肌が明るいけど化粧品変えた? と聞かれちゃいました!

 

よか石けんは、こちらから

 


 

ニキビの主な原因

ニキビの原因には、不規則な生活習慣やストレス、肌に合わないスキンケアなどさまざまな要因があります。

 

肌質や体調といったものは、その日によって、人によっても違うもの。
よってニキビの原因も、すべての人が同じであるという訳ではありません。

 

ストレスが原因という人もいれば、不規則な食生活や睡眠不足、便秘、肌に合わないスキンケアなど、
ニキビの原因となるものには、さまざまな種類があります。

 

たとえばストレス過剰になると、毛穴の奥から皮脂が大量に分泌されてしまうことがわかっています。
これは思春期の男性にもよく起こる現象で、ニキビの原因の1つ。

あるいは肌のターンオーバーが乱れてしまうことによって、毛穴周辺の角質がはがれずに、
皮膚表面にとどまることで厚くなり、毛穴を塞いでしまう
こともまた原因になります。

 

さらにアクネ菌もまたニキビの原因の1つで、
これは誰もが持っているというお肌の常在菌です。

 

毛穴が詰まってしまうと、排出することのできない皮脂が溜まったその中で、アクネ菌は増殖していきます。
増え続けたアクネ菌はやがて炎症を引き起こし、赤ニキビという種類のニキビが出来てしまうのです。

 

このようにニキビはさまざまな要因によって起こるものです。

 

これに加えて女性や、大人になってから出来るニキビは出来る場所によって原因が違うとも言われており、
一概にこれが原因、とは断言できません。

 

しかしどの場合も、大切なのは洗顔ですね。

 

お肌を清潔な状態に保つことが出来れば、皮脂がつまることもありませんし、
ターンオーバーも適切な状態に保たれ角質が厚くなることもありません。

 

きっちりと正しい方法で毎日洗顔を行うこと、洗顔後のケアを忘れないこと、
これによってかなりの種類のニキビを予防することが出来るでしょう。

 

芯を出すのはお肌を痛める!

ニキビの種類によっては、ニキビを潰すと出てくる白い芯があり、
押し出すことでニキビが治る
と信じている方もいるようです。

 

しかしこれは間違ったケア方法の代表格なんです。
ニキビの芯の正体は、毛穴に詰まった皮脂が固まってしまったもの。

 

ニキビの芯が出来ているということは、毛穴が詰まってしまっており、
老廃物が適切に排出できない状態にあるということです。

 

そのため、ニキビが出来てしまうと潰して芯を出してしまう人もいるようです。
しかしこの方法、実はかなりのリスクを伴うことをご存じですか?

 

ニキビを潰した傷口から雑菌が入ったりすれば、化膿してしまうこともあるのでさらにニキビが酷くなってしまったり、
潰した傷口がなかなか治らずに、跡に残ってしまう、といったことも

 

ニキビを潰して芯を出してしまえば、ニキビが早く治る場合もあります。
しかしその行為には上記のようなリスクもあることを覚えておいてください。

 

むしろニキビを潰したりせずに、
毎日適切なスキンケアを行うようにした方が、安全かつ早くニキビを治すことが出来ます

しかし1度ニキビが出来てしまうと、どうしても気になってしまいますよね。

 

気になるからといって触ったりせずに、適切なスキンケアと肌を清潔に保つことを心がけ改善させれば、
潰してしまうよりもキレイに治すことが出来ます。

 

どうしても気になるので芯を出してしまいたい! という時には、
出来れば自分では行おうとせずに、皮膚科で相談するようにしてください。

 

皮膚科で治療としてニキビの中身を絞り出すことがありますが、
皮膚科では徹底した衛生管理が行われているので、雑菌が入ることはほとんどありません。

 

私たちが自分で行うよりも安全な環境で治療することが出来る筈です。

 

ニキビの種類について

一口にニキビといっても、実はニキビには出来始めから治るまでの段階によって、数種類に分類されます
そしてそれらの段階によって、有効な対処法や治療法が変わってくることがあるようです。

 

まずは閉鎖面皰とも、白ニキビとも呼ばれるニキビですが、
毛穴が閉じた状態で皮膚にポツポツと姿を現してくるニキビです。

 

このニキビは悪化し炎症を起こしてしまうと赤ニキビになってしまいます。
赤ニキビは皮膚に赤いポツポツが出来てしまうというニキビです。

 

これは皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まってしまい、
アクネ菌が増殖することで最終的に炎症を引き起こしてしまった状態です。

 

毛穴の中に皮脂とアクネ菌がたまり、膨らんでしまうと治ったあと跡になってしまうことも。
そのため、出来れば赤ニキビになる前にケアしてしまうことが必要になるでしょう。

 

そして赤ニキビは黄ニキビへと変化します。

 

毛穴に膿が溜まって膨れてしまった状態の黄ニキビは、放っておくと真皮が傷ついてしまうこともあり、
治ったあとも色素沈着などが残りやすい
ので注意が必要。

 

それらとは別に黒ニキビと呼ばれるものもあります。

黒ニキビは開放面皰と呼ばれることがあり、皮脂と角質の交じり合ったものが酸化して、
毛穴が開いて顔を覗かせた角栓が黒く見えてしまう状態のこと。

 

毛穴の黒い部分が気になるのはわかりますが、無理矢理取ろうとすると跡に残ったり、雑菌が入り化膿することもあるので、
どうしても気になるときには皮膚科で治療してもらうのが1番でしょう。

 

どのニキビに対してもいえることは、中に芯があったり、
膿がたまっている状態になったとき、無理矢理絞るなどの方法で自分で対処しようとはしないこと

 

ニキビは初期の段階でケアすれば、治るのもそれだけ早くなります。
悪化した場合は、自分で無理をせずに皮膚科で相談してしまうのも方法の1つと言えるでしょう。

 

ニキビの予防方法

ニキビの原因は間違えたスキンケア方法などの他にも、生活習慣などが関係してくることもあります
ニキビを予防するためには、まずはお肌を清潔に保つようにすることが第一です。

 

前髪が額にあたる状態にしておくと、そこから額にニキビが出来るということもあるので、
きっちりとカチューシャやヘアバンドでまとめておくなどの工夫が必要です。

 

そして生活習慣にも注意が必要になってきます。

 

ニキビ予防のために毎朝、夜寝る前などしっかりとスキンケアをしているのに、
夜更かしをするなどしてはいませんか?

 

しっかりと睡眠をとった翌朝と、全然眠っていない日の翌朝とでは、お化粧のノリが全然違う、ということがあります。
それと同じように、ニキビ予防のためにもしっかり睡眠を取るのはとても大切なんです。

 

睡眠不足の状態が続いてしまうと、
寝ている間に行われるという肌の再生がしっかりと行われずにニキビができやすくなります。

 

そして睡眠不足はホルモンバランスを崩す要因にもなるので、大人ニキビの原因になることも。
大人ニキビの原因のほとんどは、この睡眠不足とストレスからくるものだといわれている程なんですよ。

 

さらに甘いものを食べすぎたり、洋食ばかりの食事を続けたり、
ジャンクフードばかりを食べたり……これもニキビの原因になります。

 

適度に甘いものをとる程度ならば構いませんが、あまり取りすぎるのも問題になってきます。

 

食事については動物性脂肪が少なく、たんぱく質やミネラルを豊富に摂取することのできる和食中心にすることが、
お肌にもニキビ予防にも繋がるようです。

そして便秘など体内に毒素が溜まったことによるニキビ発生なども考えて、
便秘にならないように繊維質を取る、運動をする、といったことにも気を付けてください。

 

ニキビの予防はスキンケアである程度までは可能ですが、
よりしっかり行おうとすれば生活習慣の見直しは必須です。

 

1度に全てを行うことは難しいので、
まずは自分がやりやすいものから手を付けてみてはいかがでしょうか?